2019年2月24日 (日)

消えた天才

テレビで放送されている「消えた天才」。

この放送を見ていると、選手の将来は約束されたものではないというのが理解できます。

今回はラグビーの五郎丸選手の話ですが、その後はキングカズが登場します。

ちなみに五郎丸選手が天才と呼んだ選手は、高校卒業後に燃え付き症候群になってしまったそうです。

その原因は、本人が「ラグビーの聖地である花園を目標にしていたから」とのこと。

逆に五郎丸選手は、その選手を追い越すために努力し続けていたとあります。

この差が数年後の彼らの運命を変えました。

本当に不思議な話ですよね。

では次のキングカズの放送を見たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

違和感はここから始まった

私が高校時代にドイツとオランダに遠征として、短期間サッカー留学をしていたことは皆さん既にご存じのはずです。

当時、オランダのPSVアイントフォーヘンを見学しました。

その時に出会ったのが、94年W杯アメリカ大会でMVPになるロマーリオです。

彼のプレーを見た時、彼は特に何もしていないのに相手DFをスルスルとかわしており、その姿を見て、「何故あれほど簡単にDFをかわせるのか...」と疑問に感じていました。

そして30歳になった頃に、ようやくその謎が解けました。

 

それでは今回は、そのロマーリオの動画を紹介します。

 

 

皆さんはこの動画を見て、何故それが可能なのか説明できますか?

ドリブルも凄いですが、ゴール感覚も抜群です。

とにかく周りの状況が良く見えていますよね。

走り方などを見ると、決して綺麗には見えませんが...

それでもDFを抜いてしまうし、ゴールも決めてしまいます。

 

技術だけで抜けるなら誰だって彼と同じことができるはずです。

でも出来ないということは、我々と違った何かが見えているのでしょうね。

 

皆さんが相手DFをうまくかわせなかったり、しっかりとゴールを決めることができなかったりするのは、見えているようで「実は見えていない何か」があるのかもしれません。

それを感覚(神経)に落とし込むのは大変です。

だから早め早めの取り組みが大切なんですよね。

 

「ゴールデンエイジ」が重要なのではなくて、「ゴールデンエイジ期になるまでに何をするか?」だと思います。

いくら足技の技術を磨いても、見るべき部分を見ることができていなければ、良い状況判断またはタイミングでそれらを活用することはできません。

当然、頭にイメージを持っていても、咄嗟に身体が動かなくては意味がありません。

ライフキネティックでは、分かっているけど何故か身体が動かない状況を作り出します。

まさに実戦と同じような脳の状態を作り出すことが可能です。

その中で、咄嗟に動きを瞬時に表現することができれば、きっと実戦でも同じように脳が機能してくれるはずです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

全てにおいて完璧の選手!

今回は、私が約10年前に毎晩見ていたサッカー動画を紹介します。

今でも個の選手のタッチコントロール、コーディネーション能力、そして判断力と全てにおいて完璧な選手だと思っています。

当時どのようにすればこのような選手を育てることができるのかと常に考えていました。

そしてそこから当トレーニングメソッドが誕生しています。

当時、日本代表の中田英寿選手も注目していた選手の1人です。

 

それではその動画をご紹介します。

今回ご紹介する選手はジダンです。

フランスが生んだ天才トップアスリート!

 

動画をご覧になれば分かると思いますが、ボールのタッチコントロール、コーディネーション能力、判断力とどれをとってもトップクラスのレベルです。

当スクールでは、彼のような技能を身につける第一段階として 「基本技能を習得する為のトレーニング」を提供します。

誰もが憧れるような技能ですよね♪

 

この動画を見ていてワクワクしてきませんか?

お子さんがこうしたプレーを試合で出すことができたら...

興奮してきますよね!!

うちの息子も当時はジダンのルーレットを得意としていました。

しかしとあるJクラブに入団してから、その技能が消えてしまい、サッカーに対する熱意や面白みを感じなくなってしまいました。

サッカーは自由です。

特に育成年代ではイメージ能力を伸ばす指導が必要です。

戦術やシステムの理解は後からでも十分伸ばすことが可能です。

でもこうした技能や判断力は、後から伸ばしていくのは難しいです。

出来る限り幼い頃から、こうした技能や判断力を伸ばす努力が必要です。

 

これから東京都八王子市で直接指導型サッカースクールを不定期で開催します。

人数が集まり次第、週1回の定期開催へと移行します。

我こそは!と思っている方は是非ご参加ください。

 

先行予約を行いますので、興味のある方は下記サイトのメールフォームからお問い合わせください。

活動場所を秘密にしたいので、日時や場所についてメールにて返信させていただきます。

 

直接指導型サッカースクール先行予約はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 7日 (木)

基準はモドリッチ #東京都国立市 #サッカースクール

コーディネーション能力や判断力で優れた選手といえば、ワールドカップで最優秀選手になったモドリッチですよね。

今回は彼の動画を紹介します。

彼と同じ技能を持てれば世界で活躍でき、尚且つトップレベルのクラブでプレーできるわけですから、この技能を習得するのは決して間違いではありません。

なぜ彼はこのように身体が瞬時に動き、そして状況判断に優れているのか?

天性のものなのかもしれませんが、それを言ったら全てが終わります。

そこを目指しているからそうなれると思うべきです。

確かに誰もがこのようなプレーができるとは言いません。

でもここを目指そうとすれば、なれる可能性が0%では無くなりますよね。

例え可能性が1%未満であっても目指すべきだと私は思います。

だってサッカーには常に、「もしかしたら...」がありますから。

いつからこうしたプレーができるようなトレーニングを受けるか?

これが重要です。

私は、あなたのお子さんをこのようにする自身があります!

そのトレーニングを受けたい方は、是非、東京都国立市で開催する体験会にご参加ください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

国立市に到着!

今回は電車ではなく、自家用を使って東京国立市に来ました。

道中、道を間違えるハプニングもありましたが無事に体験会開催地に到着しました。

夜勤明けで多少の眠気はありますが、数時間後に控えている体験会に向けて目を覚ましている最中です(笑)


国立市での体験会ですが、こうした活動ができるのは陰で支えてくれている親子がいるからであり、その取り組みを無駄にしないためにも今後も継続して国立市で体験会を開催していきます!

できれば、6月~7月あたりから本格的なトップアスリート育成スクールを定期的に開催したいと考えています。

まだまだ限定された曜日や時間でしか開催することはできませんが、多くの方に認識してもらえるように頑張っていきます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

前人未到の400ゴール達成!

今季セリエAのユベントスに移籍したCロナウドが前人未到の400ゴールを達成しました。

ちなみに

マンチェスター・U所属時
(2003-04シーズン~2008-09シーズン)
プレミアリーグで84ゴール。

レアル・マドリード所属時
(2009-10シーズン~2017-18シーズン)
リーガ・エスパニョーラで311ゴール。

ユヴェントスにおいてセリエAで5ゴール。

2003年11月1日に行われたプレミアリーグ第11節のポーツマス戦で1点目を記録してから約15年かけてゴールを積み重ねたそうです。

それにしても凄い記録ですよね。

どのリーグやクラブにも順応できてしまう彼の能力は本当に素晴らしいと思います!

| | コメント (0)

2018年9月20日 (木)

内容が難しくても良い人は

国内にライフキネティックに関する書籍が1つもないため、なかなかライフキネティック関連の書籍を紹介することができません。

でも著者がライフキネティックのトレーナーというものであれば実は存在します。

それがこちらです。

 

 

別にクリックして購入しなくても構いませんので(笑)

ただこういう本があるということを知っていただければと思います。

いかに軍隊のような古臭いトレーニングが無駄なのかが書かれています。

それでもそれを信じる指導者はまだまだ国内に大勢いますが...

たぶんそういう人たちは本を読んで学ぶということができないのでしょう。

または理解したつもりで実践できない人たちですね。

いかに世界各国のクラブおよび代表がレベルの高いトレーニングをしているのかが分かると思います。

この本の冒頭にもありますが、「サッカーは判断力を有するスポーツ」と書かれています。

もっと詳しいことが知りたい方は、是非とも取り寄せて実際に手に取って読んでみてください。

きっと私の伝えようとしていることが理解できるはずです。

| | コメント (2)

2018年9月19日 (水)

サッカーの技術技能について

今回はサッカーの技術技能についてのお話です。

当ブログそしてオンラインサッカースクールをご存じの方は、既に何らかの形でサッカーに必要な技術や技能というものを感じでいただけていると思います。

しかしまだまだサッカーで本当に必要な技術や技能が何なのかを知らない方が大勢います。

まず今回はそれを分類してみます。

とりあえず極端に分類しますが...


1.足元の技術優先のサッカー

2.コーディネート技能優先のサッカー

3.パスや戦術重視のサッカー

4.フィジカル重視のサッカー


ざっと分類するとこんな感じでしょうか。

特に日本は1つのことを追い求める傾向が強い指導者が多いので、この分類のどこかに偏りがちになります。

なので全く正反対の考え方を持ったチームが対戦することもあるわけです。

例えばJクラブなら比較的3と4に寄った選手選びやサッカーになりますし、聖和学園や野洲高校あたりなら1と2あたりに寄ってくると思います。

青森山田高校あたりは高校サッカーの中でも、Jクラブ寄りの選手選びおよびサッカーをしているように感じます。

他にも日本式ジンガばかり使う変なチームも存在します。

このように日本のサッカーというのは、その特徴によって様々に変化します。

なのでこれといって日本サッカーという定義は一切ありません。

ほとんとが海外の指導を真似ていますし、取り入れているわけですから、そこに日本サッカーの哲学なんてものは存在していないと考えられます。

というか賛否両論あるようで、そのサッカーで全国大会優勝を何年も継続していかない限り、国内の指導者から認知または支持を受けるということはほとんどありません。

そういう意味では市立船橋高校が一時期勢いがあり、それを提唱したのが当時の監督であった布氏ですね。

同氏が全国大会で発した言葉は、「やっぱり必要なのはハードワークです!」これによって「ハードワーク」というキーワードが日本のサッカーの代名詞となりました。

彼は日本サッカー協会技術委員会JFAアカデミープロジェクトリーダーおよびJFAアカデミー福島スクールマスターを経て、現在は群馬のJクラブで監督をされています。

私も当時高校時代に市立船橋と対戦していますが、確かに布氏のサッカーはハードワークをしており、我々の高校がリードしていてもそこから同点に追いつく力がありました。

まぁ彼らに我々のアップする姿を笑われていたのもあって、試合前からピリピリした空気が流れていましたが...彼らも油断していたのでしょうね。

それでも当時全国ベスト4の相手と互角にやれたのは、我々にもサッカーに必要なハードワークと戦術、そしてフィジカルを持ち合わせていたからだと思います。

でも当時のコーチは、とてもバランスが良く、1~4についてしっかりと指導をしてくれていました。

他の指導者とは見るところが少し違っていたようにも感じられます。

どちらかというと海外の指導者に近い指導方法だったように感じます。

私が当時、短期サッカー留学した際もコーチは一緒に参加され、ドイツやオランダのサッカーそして指導を学んだはずです。

そこで世界基準とは何なのかを知ったのだと思います。

なので私自身もコーチの指導を受け継いで、1からも4をバランスが良く指導する方法をと考えています。

ただし4のフィジカルに関してはクラブや高校のセレクションが入りますので、私にはあまり関係がない部類かと思っています。

私の目標は、ごく一般のお子さんが1~3の技能や技能を駆使して、より高いレベルへと進むためのトレーニングやエクササイズを提供していますので。

少し話が反れましたが、賢い親御さんならこの分類を見て、それなりの判断ができるはずです。

うちの子が所属するクラブや指導者はどこに分類されるのだろうかと。

なので私は常日頃からお伝えしているように、チーム選びから始めてはいけないと伝えています。

チーム選びから始めると、どつしても本人の目指すサッカーと違いが出てきてしまいます。

私たち親子のように今後のことを計算に入れてジュニアユースを選択したにも関わらず、クラブの事情等で思っていた指導を受けることができなかったなんてこともありますが、それは仕方のないことですので諦めるしかありません。

ですが多くの方は、これを基準にしてチーム選びや指導者選びができるはずです。

大抵は強いチームを選びたがりますが、そこでレギュラーにならないと先には進めないので私はあまりお勧めしません。

こちらの地域にも鹿島というJクラブが存在しますが、必ずしも強いチームの選手だけをセレクションで合格させているわけではありません。

いわゆる翼くんみたいにチームで目立って、Jクラブを苦しめるような選手をピックアップしてセレクション合格または事前に声をかけて入団させています。

なのでジュニアからジュニアユースに昇格できない選手もチラホラといるわけです。

こうしたやり取りを親とクラブ間だけでやり取りをすることがあるため、地域の一般クラブの指導者とで揉めることもしばしばあります。

それだけ優秀だと思われる選手というのは、各クラブや指導者たちから引っ張りダコにされるという特典がついてきます。

ぜひ皆さんもこの特典や待遇を受けられるように、チームおよび指導者選びから慎重に活動するようにしてみてください。

| | コメント (0)

2018年9月13日 (木)

ライフキネティックのパンフレットにポドルスキが追加されました

ライフキネティック日本支部からの連絡で、新しいパンフレットが作成され、各トレーナー宛に送られてきました。

今回のパンフレットの中には、現在Jリーグで活躍中のヴェッセル神戸ポドルスキがパンフレットに加わりました。
こんな感じで実際にドイツ代表時代に取り組んでいる姿です♪

Photo

 
使用している画像は若い頃の姿なので、かなり昔からドイツ代表がライフキネティックを取り入れていたことが分かりますね。
別に画像がなくてもサッカーに詳しい方なら既に知っているはずですが...
近年のドイツサッカーがグアルディオラ監督によってもたらされたようなことが大々的に書かれたり言われたりしていますが、それらをワールドカップといった世界大会で体現できたのは、やはりライフキネティックによるエクササイズの効果が大きかったのだと思います。
他には、有名な某サッカースクールにおける実践データや元日本代表の小村氏、ジェフ千葉スクールコーチ深井氏も追加されました。
当オンラインサッカースクールの資料に加えてライフキネティックのパンフレットも一緒に欲しい方は、お問い合わせ欄にご記載ください!

| | コメント (0)

2018年9月 6日 (木)

新大会UEFAネーションズ・リーグ

新たに欧州で開催されることとなった「UEFAネーションズ・リーグ」が開幕します。

欧州の上位から下位まで4つ(A~D)のリーグで構成されており、各リーグでは更に4つのグループに分かれて各国代表が戦います。

この大会は欧州選手権の出場権にも関与している大会なので、かなり面白い大会になりそうです。

更に、今大会でリーグ最下位になると下位リーグとの入れ替えもあるということで、かなり欧州サッカーの力関係が分かってくるように感じます。

9月~11月まで開催されるそうなので、レベルの高いサッカーをご覧になりたい方は是非視聴してみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0)