« 久保武英がバルセロナ復帰できない?その理由とは... | トップページ

2019年12月29日 (日)

都内のブロックトレセンに選出!

皆様、お久しぶりです ( ̄▽ ̄;)

 

こちらのブログ更新がかなり滞っておりましたが、これから少しずつスクールの近況報告も兼ねて更新をしていこうと思います。

 

今年度(2019年3月)から開始したサッカースクール(ライフキネティック・コース)ですが、参加している10名のうち3名が都内の地区トレセンに選出されました。

 

そのうち1名は、各ブロックトレセンで交流試合をするメンバーにも選出され、少しずつですがライフキネティックの効果があらわれてきたように感じます。

 

当初は日が沈む中、公園の片隅で活動していたスクールも、今では国立市内の体育施設を借りて活動するまでになり、これまで屋外で使用できなかったライフキネティックの道具一式を用いてエクササイズに取り組めるようになりました。

 

当初から参加するメンバーも当然ながら技能が向上していますが、後から加わった選手たちも驚くほどに成長してきています(笑)

 

やはり、「個々のやる気と行動」が「脳神経可塑性」に強く影響を与えるようです。

 

なお、「脳神経可塑性」について詳しく知りたい方は、下記のリンクから当サイトのライフキネティック関連記事をご覧ください♪

 

ライフキネティックを体験しよう!配信動画で学ぶ3つの要素

 

ちなみに余談ですが…

 

参加するスクール生の中には、関東トレセンの選手も参加していますが、その親御さんからも色々と悩みを聞いておりますが、なかなか結果が出せていないようです。

 

こうした悩みは早熟タイプの選手に多く、ゴールデンエイジ前までに必要な技能(基本のコーディネーションも含む)を獲得しておかないと、その選手の立場や状況が数年後に一変することが分かってきています。

 

つまり、こうした判断力やコーディネーションを向上させる活動に取り組むのが遅くなることで、将来のサッカー活動に影響を与えることになってしまうようです。

 

ですから、今のうちからライフキネティックと脳神経可塑性について学んで、ある程度の予備知識をつけておいた方が良いと思います。

 

以上、簡単ですが今回の更新とさせていただきます。

 

|

« 久保武英がバルセロナ復帰できない?その理由とは... | トップページ