« 12日もライフキネティック! #東京都国立市 #東京都八王子市 | トップページ | なぜ週1回60分なのか? »

2019年2月11日 (月)

見えているけど実は見えていない

今回は目についての情報をお伝えします。

たぶん誰にでも経験があると思いますが、自分の視野の中に対象としているものが入っていても見えていないことって結構ありますよね。

例えば財布とかスマホを探している時に、視野の中には入っていても見つけるのに苦労することがあります。

冷蔵庫の中の食糧を探す時も、視野の中には入っているのにパッとそれを見つけ出すことができない。

これはライフキネティック体験会でも説明することなのですが、我々はモノを見る時に1つの固まりとして見る習性があるからです。

それでは試してみましょう!

 

まずは下記の文章を読んでみてください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

イリギスの大学でのある究研にるよと単語の文字の順番はどでうもよく、

最初最と後の文字の位置さえ合ていっれば理解することがきでる。

わわれれは文字をひつとずつ読でんいるのでなく単を語全体として捉てえいるかでらある︎

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

どうでしょうか。普通に読めてしまっていませんか?

本来の文章は下記のようになっています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

イギリスの大学でのある研究によると単語の文字の順番はどうでもよく、

最初と最後の文字の位置さえ合っていれば理解することができる。

われわれは文字をひとつずつ読んでいるのでなく単語を全体として捉えているからである

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

このように我々は文字でさえも1つ1つの語を見ているのではなく、単語全体で見るようになっています。

しかし低学年の朗読などを聞いていると、文字を単語で読んでいるというよりは1つ1つ見ながら読んでいるように聞こえますよね。

つまり、低学年あたりまでは上記のような単語全体を把握する能力は身についていない可能性が高く、語句を1つ1つ注視する機能の方が高いのかもしれません。

ではこれをサッカーやスポーツに置き換えるとどうでしょうか?

 

低学年のうちは視野が狭く、対象とする相手や物を同時に見ることができない。

その代わり、1つの物(足元のボールなど)を良く見る。

高学年になると視野が広くなり、対象とする相手や物を同時に見ることができる。

その代わり、全体を漠然と見てしまう為、1つ1つを注視する能力が低くなる。

 

サッカーでも味方だと思ってパスをしたら敵だったり、審判だったりということがあります。

ゴール裏に選手と同じ色の服を着た人たちが何人もいたら錯覚を起こします。

狭いエリアにDFが密集すれば敵を多く感じます。

このように我々の目は、実際に見えているのに 「見えていない・見えている」 ような錯覚を起こすわけです。

そして目そのものはしっかりと機能しているはずなので、つまりそれらを感知する 「脳に原因」 があるというわけですね。

それから面白い実験として、チンパンジーを用いたものがあります。

1から9までの数字が画面にランダムに一瞬だけ表示されるのですが、チンパンジーはそれを短い時間でほとんど間違えることなく正確に1から順番に画面にタッチすることができます。

人間は頑張っても2や3、能力が高い人で4あたりまでタッチできると言われています。

こちらの実験からも分かるように、人間は数字を1つ1つ追いかけているのに対し、チンパンジーは1から9までの数字を全体的に見て瞬時に判断しています。

私自身も病院に勤務していた際に、パソコンを使って上記のような認知機能を向上させる為のパワーポイントを作ったことがあります。

なので自身がライフキネティック体験会に参加した際、この動画を見た時は衝撃的でした。

これほど人間と動物の能力には差があるのかと感じました。

このように我々は普通の生活をしていると、そのように脳が効率的に処理しやすいように変化していきます。

これが良いか悪いかは別として、多くの人がこの脳の順応が起こって、それによってミスや錯覚を起こします。

そしてライフキネティックでは、こうしたこと(他にも色々ある)をトレーナーが熟知しているので、それを改善させるためのエクササイズを豊富に提供していきます。

どうだったでしょうか?

ライフキネティックの奥の深さを感じていただけたのではないでしょうか。

ただYouTubeの動画を見て真似をしても、全てが改善されるというわけでないということが理解できたのでは?

ライフキネティックのトレーナーは、こうした人間が持つ機能を学び、そしてそれをライフキネティック教室の中で参加者に伝えていきます。

そして伝えられた側は、そうした機能が人間にあると自覚し、それを改善する為に夢中でエクササイズに取り組みます。

ですから現在参加されている生徒さんたちは3ヵ月後、「脳の大きな変化に期待できる」ということになります。

こうしたトレーニングやエクササイズを今後サッカーの直接指導でも行います。

たぶん他ではやっていないと思いますので、興味がある方は私が開催する東京都国立市で行うサッカースクールに是非ご参加ください!

|

« 12日もライフキネティック! #東京都国立市 #東京都八王子市 | トップページ | なぜ週1回60分なのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見えているけど実は見えていない:

« 12日もライフキネティック! #東京都国立市 #東京都八王子市 | トップページ | なぜ週1回60分なのか? »