« 遊びから得られるもの | トップページ | 違和感はここから始まった »

2019年2月24日 (日)

本当のことを話してしまう教えてしまうと...

今回は、本当のことを話したり、教えてしまったりすることで、矛盾が起きてしまうことについてお伝えします。

たぶんこれは皆さんの周囲でもあると思います。

本音を言っているのに、何故こちらが指摘されなければならないのか?

私の甥っ子は小学校の先生をしています。

つまり子供たちの先生です。

しかし、自分や世間から見ても正しいと思っていることを話したり、教えたりすると、逆に自分自身が指摘されてしまうという矛盾の環境下で日々仕事をしています。

世の中には一般的な考え方を持った人ばかりではありません。

中には様々な考えや意見を持った方がいます。

どちらが多くて少ないかは判断できません。

よってどちらが一般的なのかも判断できない状況です。

そんな中で、自分が正しいと思っていることを話したり、教えたりしてしまうと、ふとしたところから苦情やクレームが来てしまいます。

もしこれをサッカーに例えるならば、サッカーの指導者が正しいと思ってやったことが、何故か保護者の目線から否定的にとらわれる場合があります。

例えば、某高校サッカー部では、選手が叩かれたりするのが当たり前なのに、違う某高校サッカー部では選手が叩かれた瞬間に選手の保護者がこれを問題視します。

何故このような矛盾が起こるのでしょうか?

つまりこれは、選手が叩かれても仕方ないと保護者の暗黙の了解を得ている指導者がおり、逆に選手を叩いてはいけない(保護者の同意を得られていない)指導者がいるということなのでしょうか。

何故、日本ではこのようなことに...

私からすれば、これはその指導者が持つ「絶対的な権利」にしか思えません。

学校の先生の話に戻すと、先生は学校の中の一部です。

したがって、その学校に属する職員です。

どんなに正しいことを話そうと、どんなに正しいことを教えようとしても、賛同が得られなければ、一部の保護者たちから指摘されてしまいます。

当然、その矛先は学校の責任者に向けられてしまいます。

では日本のサッカー界でこれを行ったらどうなるのでしょうか?

もし日本サッカー協会に属する人間がこれをしてしまったら、それは協会の責任になるでしょう。

クラブやチームのコーチがしてしまったら、それはクラブやチームのトップである監督や運営する側の責任になります。

でもその監督がそれなりの権力を持っていたら?

誰も言い返しませんし、反論もしません。

何故なら、そこで反論することが一般的ではなくなり、無謀な言動になるからです。

つまり、属するグループや団体によってルールや基準が変わるということになります。

皆さんは知らず知らず、いつの間にか日本特有のサッカーの基準やルールに縛られています。

決して自由ではありません。

どんなに正しいと思うことを話したとしても、どんなに正しいと思うことを教えたとしても、それを良しとしない人(おもしろく思わない人)が必ずどこかにいます。

当然、このブログを読んでいる方の中にも様々な考えや意見を持った方がいます。

その為、私は「どのような状況であっても、様々なことが起こり得る」と思うようにしています。

だからこそ私は、このトレーニング理論を分かってくれる、または理解してくれる方々のみ相手に活動しています。

実は言いたくてもブログでは言えないことが山ほどあります。

以前ならば、もしかしたらブログに書いていたかもしれませんが、今後はそういう危険な道を歩まないことにしたので、今まで通り皆さんに必要な情報をお伝えしていこうと思います。

ちなみにライフキネティックは全てが真実ですし、そこに嘘や虚言もありません。

ドイツおよび日本国内で商標登録された立派な運動プログラムそして理論です。

それを使用してトレーニングができる、またはその理論を用いたエクササイズを作れるのが、講習会を受講して資格を得た「ライフキネティックのトレーナー」だけなのです。

私は何も否定しませんし、肯定もしません。

ただそこにあるのは「価値観の違い」だけです。

私は、価値観の違う人に無理に違う価値観を押し付けるようなことはしていません。

世の中には、自分が傷ついたから相手を不幸にしようと、無意識に苦情やクレームをしてしまう人間がいます。

私はその手の心理を実際の現場で嫌というほど学んできたので知っています...

|

« 遊びから得られるもの | トップページ | 違和感はここから始まった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当のことを話してしまう教えてしまうと...:

« 遊びから得られるもの | トップページ | 違和感はここから始まった »