« どんな技能を習得させるのか? | トップページ | 子供たちを指導して気づく »

2019年2月26日 (火)

電車に揺られながら

ただいま電車に揺られながら、目的地である国立市に向かっています。

今日はテスト期間中ということもあり、小学生のみのトレーニングになります。

よって少し参加者が減る方向です...

移動しながらも考えることは、「今日のトレーニングは何をやろうかな」と試行錯誤しながら向かっています。

できる限りライフキネティックの要素も入れたいですし、基礎的な技能も伸ばしたいというのがあって、どちらを優先させるべきか少し悩んでいます。

どちらにしてもサッカーを楽しみながら技能が上達していけるのがベストなので、様々な工夫をしながら取り組みたいと思います。

個人的には、動きのチェンジをサッカーの中にふんだんに取り入れて、いつの間にか世界レベルの技能が身についてしまったという状況を作りたいです。

つまり私から教わったのではなく、トレーニングをしている中で自分で気づくことができるようなトレーニング作りを目指しています。

上達するためには「気づく」ことが重要です。

いかに早く「世界レベルの技能に気づくことができるか」で、今後のサッカー人生が大きく変化します。

本人が持つストロングポイントを活かしつつ、世界レベルの技能を使えるようにすることで、オリジナルの技能や特徴を持った選手が生まれます。

あとは本人がどこを目指すのか?

ここが一番のポイントになります。

それでは初めて参加する選手も含めて、あっと驚くようなトレーニングができるように頑張ってきます!!

|

« どんな技能を習得させるのか? | トップページ | 子供たちを指導して気づく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電車に揺られながら:

« どんな技能を習得させるのか? | トップページ | 子供たちを指導して気づく »