« サッカーが上手くなるために | トップページ | お試しムービーレッスン »

2018年12月13日 (木)

自分で判断し調節する能力

昔から日本人のサッカー選手に一番足りないとされる「自分で判断し調節する能力」。

今回はこちらについてお伝えしたいと思います。

まず何故、昔から日本人のサッカー選手はこうした能力が世界で活躍する選手たちと比べて劣るのかについて書いていきます。

それは育成年代から指導者に「あれはして良い」「それをしてはダメ」という教育が徹底的にされているためではないかと推測します。

ライフキネティックの発案者がドイツ出身ということもあり、当然ドイツの考え方が取り込まれています。

ライフキネティックでは、トレーナーが「それはやってはいけない」という指示以外のことは何でもして良いことになっています。

つまり自分に有利になる抜け道を自分で判断し探し出し調節することを推奨しています。

例えそれが団体行動を乱すことになっても、ルールに従っていればオッケーという考え方です。

少し日本人の考え方とは違いますよね。

1人だけ有利になることは団体競技ではズルいこととされる傾向があるため、全員が同じことを真面目に取り組む習慣がここ日本にはあります。

しかしドイツ発祥のライフキネティックでは、そういうことは一切考えません。

確かにエクササイズの最中にどのような行動が正しくて正しくないのかという自身の判断は必要です。

でもルールとして罰せられないのであれば、それをしても別に問題はないとされています。

サッカーの中にもルールがあり、そのルールで定められた規則に反しなければ基本的に何をしても問題はありません。

ですから主審が試合を止める前にフリーキックを開始しても構いませんし、スローインもルールに従っていればどのような投げ方をしても問題はありません。

そして一番の違いはベンチにいる指導者の指示に従わなければならないという部分ではないでしょうか。

育成年代から指導者の指示に従わなければベンチに下げられる、または指示されたプレーができなければ試合で起用されないということが多いようです。

でもコートの中でプレーしているのは選手たち自身です。

その中には様々な判断や見える見えないの部分が入り乱れています。

ですからコートの外から見る光景とボールを持った状態から見る視野は別物です。

何故そこでそのような判断になったのかは本人の能力によるものであり、例えそこがダメだったとしても、そこを良い判断ができるように伸ばしていくのが良いコーチングなはずです。

しかし日本ではそれをせずに無難にプレーできる子や選手が優先され、そうした判断能力で劣る子や選手はベンチに座り続けるというのが当然のようになっています。

ここで良い判断を自身で見つけられないという子や選手についてもアドバイスしたいと思います。

まずしっかりと自分がボールを保持した時に周囲の状況が見えてや指示の言葉が聞こえているのかを確認してください。

実は意外にも見えていない聞こえていないという子や選手が多いです。

中にはそれを隠している人もいます。

ですから保護者の方は怒らずにそこの部分を確認する必要があります。

皆さんが思っているよりもサッカーのコートの中では様々な判断能力が必要とされます。

ライフキネティックを行ってみれば分かるのですが、自分たち大人でさえ見ることや判断することができていないのに、それを幼い子供たちに強要していることがあります。

まずは自分も同じ目線に立って、「ではどうすればこうした能力をもっと効率よく伸ばせるのか?」と考えるようにしてみてください。

お子さんだけでなく、親御さん自身がそれに気づくことが大切であり、そこをフォローしていける親子関係になれることがサッカー上達への一番の近道です。

当然、選手と指導者の関係でも同じことが言えると思います。

|

« サッカーが上手くなるために | トップページ | お試しムービーレッスン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分で判断し調節する能力:

« サッカーが上手くなるために | トップページ | お試しムービーレッスン »