« 今回の資料について | トップページ | アスリート能力について »

2018年9月 5日 (水)

ライフキネティックは複雑で奥が深い

会員の方から定期的にライフキネティックに取り組む様子を撮影した動画が送られてきています。

パーソナルトレーナーを取得して1年が経過し、会員の皆さんもそれに合わせてライフキネティックに取り組まれてきました。

しかし今後の活動としてライフキネティックがより複雑化していく必要があり、その中で遠方の方とのコミュニケーションの取り方が非常に難しくなってきています。

単純なエクササイズであればこの一年間でマスターすることができますが、そこから更に上のレベルのエクササイズを行うとなると動画およびメール指導によるものだけでは説明が困難になるとだいぶ感じるようになってきました。

でもそれは逆に、ライフキネティックに取り組むお子さんたちのレベルや能力が徐々に上がってきているとも言えます。

それとライフキネティックのエクササイズに取り組んでいただくと、すぐにお子さんたちの弱点が分かります。

それは何故かというと、ライフキネティックの中に様々な運動に必要な要素が含まれているからであり、こちらで指定したエクササイズに取り組んでいただくと現在の課題というものがしっかりと見えてきます。

どうして周りの選手とうまく噛み合わないのか、どうしてうまくスムーズ(円滑)に動けないのか、どつしてボールを見失うのか等々...

これはある意味、弱点克服のエクササイズにもなりますし、更に自分の能力を伸ばすための取り組みにもなります。

多くの方が行っている「ただ何となく調べたトレーニングを日々行う活動」とは違って、「今の自分に何が必要」で「どこの能力を伸ばしているか」を知りながら活動することができます。

当然親御さんもそれを把握しながらエクササイズに取り組めるので、試合などでそこの変化に対して敏感に感じ取れるようになります。

もし「何もせずに今のまま」または「過去のまま」でいたら...と考えられる方。そして「どのような今の自分がいたのか」または「どのような自分が先に待っていたのか」と考えられる方などもライフキネティックとの相性が抜群だと思います。

とにかく何かしら行動を起こして変化していきたいという方にはお勧めのエクササイズになるはずです!

|

« 今回の資料について | トップページ | アスリート能力について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今回の資料について | トップページ | アスリート能力について »