« サッカーに必要な能力(3) | トップページ | 新たに動画をアップします »

2018年9月18日 (火)

久しぶりのサッカーで気づいたこと

約1ヶ月ぶりにサッカーをしてきました。

正直なところ筋肉痛もあり、常に身体を動かしていないとゆだぱりダメだな...とただ反省するばかりです。

そんな中でもしっかりと自分に課題を与えてサッカーをしてきましたので、その中で得られた気づきについて今回はお伝えしようと思います。

まず自分と周囲との差ですが、同じ年代や年配者との差は当然あります。

ですから足の速さとかフィジカルといったものを全て差し引いて私自身が気づいたことをお伝えします。

まず最初は「判断力」の部分です。

私の場合、ボールが自分のところに来る前に周囲の状況を確認するということもしますが、ボールを受けながら周囲を確認および把握するということもします。

例えばバウンドのボールが自分のところに向かってきたら、そのボールも視野に入れつつ、更にボールをコントロールしながらその状況の中で周囲の状況も視野に入れます。

こうすることで次に何をすべきかが素早く判断でき、ボールを失う確率が減ります。

ちなみに育成年代の子供たちは、ミスをしないようにプレーするため、それによって周囲の状況を確認することができず、焦りからミスが発生します。

私の周囲の人たちは、ほとんどがこのパターンです。

もっと早く味方にボールを預ければ楽に打開できるのになぁ...と心で感じながらもこれは仕方ないと思いつつプレーをしています。

そして今回はこうした判断力(状況の把握)を利用して、パスの強弱も意識してみました。

つまり、相手選手がパスカットを狙っているなと感じたら、それをパスカットされないようにパスを出すボールのスピードを強くしたり、逆に弱くしたりと調整しました。

ただしこれは私自身の課題なので、相手が強いパスをレシーブできない等は考慮していません。

弱いパスでもあたふたしてしまう人もいるくらいですから...

とりあえず味方が全てミスすることなくレシーブできる技術があるものとして課題に取り組みました。

その結果、今回の課題でかなり世界のサッカーに近づいたのかなと大きな手応えを感じました。

この部分を幼い頃からドンドン鍛えていければ、現代(世界の)サッカーで絶対に通用するはずです。

先程もお伝えしましたが今の育成年代の子供たちは、ミスしないようにというプレッシャーがある中で指導を受けており、それによって逆に焦ってミスをしてしまう状況に陥っていますから、この部分をトレーニングやエクササイズで改善していければかなりレベルアップするはずです。

そして次に、この状態を維持しながら様々なコーディネーションにチャレンジしました。

例えば、ボールを受けて右サイドにパスをすると見せかけて素早くターン(FF理論を利用)して左サイドにパスとか、あえて相手にボールを取りに来させてからスペースを作り出して味方にパスするなど。

でもこれはその時に適切なコーディネーションができないと自分自身が体勢を崩して逆にボールを奪われてしまいます。

まぁチャレンジなので取られてもそんなことは気にしません♪

そこでボールを失わないために堅実なプレーを選択することも確かに必要ですが、あえて私はそこでモドリッチやピルロのようなプレーや判断力を求めたくなります。

だってそこでチャレンジしなければ一生その技能を身につけられませんからね。

という感じで約2時間ほどプレーしてみましたが、今回のようなチャレンジを子供たちにドンドンしてほしいなと率直に感じました。

周囲は今までそういうチャレンジをしてこなかった、またはそういうことにチャレンジできる環境がなかった、それどころかそんな課題があることすら知らないといった方もいるわけです。

若い子たちも数名ほど参加していますが、全てフィジカルと若さという能力だけでミスになる場面をカバーしているので、たぶん自分よりもフィジカルの強い相手とやったらもっと目立つだろうなぁ...と心で感じながらプレーしていました。

特に若い子たちというのは、自分の能力がその中で一番高ければ何でもできてしまうので、それで自己満足に陥ってしまいます。

だからたまに行っても成長している姿があまり感じられないのでしょうけど...

50や60そこそこのオッサンをドリブルでぶち抜いてもさすがに上手いとは思えませんからね(汗)

でも若い子にはこういう子がかなり多いです。

だからといってそれが悪いわけではありません。

ただこうした課題があることを知らないことで、自分が成長できる機会を失っているというのが勿体無いと感じるだけです。

当然こうした課題へのチャレンジができる環境を育成年代で増やしていくことが重要です。

「何回同じミスをしてるんだ!」

このように怒鳴られたり指摘されたりしては、新しいことにチャレンジするという勇気は無くなりますよね。

ということで今回お伝えした課題にチャレンジできるようになるエクササイズを考え出したので、後ほど会員専用コミュニティーにてアップしたいと思います。

何も考えて無さそうでしっかりと考えていますので、会員の皆さん今後のこともご安心ください♪

|

« サッカーに必要な能力(3) | トップページ | 新たに動画をアップします »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サッカーに必要な能力(3) | トップページ | 新たに動画をアップします »