« 新たに動画をアップします | トップページ | サッカーの技術技能について »

2018年9月19日 (水)

本日動画をアップしました

先ほど昨日撮影した動画をアップしました。

今回は3本です。

昨日もブログでお伝えしたと思いますが、ボールが丸いことを知るための動画です。

いかにして世界のトップがボールをコントロールしているのかが、今回の動画で理解できるかと思います。

この動画のタッチコントロールを用いながら、ライフキネティックを活用すれば、ボールを受けながら周囲の状況を把握する判断力を同時に養うことができます。

ボールをコントロールする技術なんて、当スクールで学んでしまえば何も苦労することなんてありませんので、お子さんがそうしたことでお悩みの方は是非オンラインサッカースクールをご利用いただければと思います。

ちなみに他のスクールがどのような指導をして、トレーニングを提供しているかなんて私には分かりませんが、たぶんタッチコントロールに関しては相当苦労していると思います。

それこそ何千何万回という単純な繰り返し作業をして、世界レベルと同じレベルに到達できるかどうかの話だと思います。

それだけ非効率的な活動を多くの方は好んで行っているということと、それがいまだに真実だと思っている方が多いということなのでしょうが...

それにしても時間効率としては凄く勿体無いですよね。

そんな私も高校時代には全国大会でレギュラーとして出場するために、毎日全体練習後に相手を見つけてはタッチコントロールの技術を高めるために相当な時間を費やしました。

でも技術や技能が伸びる時期というのは、そのコツが分かった瞬間から数日の間だけであって、それ以降はさほど効果が得られるものではなくなるんですよね。

私の高校は、当時一年生で中田英寿氏が在籍していた韮崎高校と関東大会で対戦していますし、鹿児島実業の城彰二氏とも対戦しています。

他にも数多くのプロ選手になった選手たちと対戦していましたし、そうした選手が日本代表や海外クラブで活躍しているのをテレビ等で見てきましたから、皆さんとは少し立場が違った環境にいれたのかなと感じています。

当時は国体選手の3割程度がプロ選手になれた時代でありますし、今と違ってJクラブ出身者は少なかったです。

それでも技能や技能にそれほど変化がないというのは、日本サッカーがそこまで進歩していないということでもありますし、まだまだ皆さんにもチャンスがあるということです。

最近ではセリエAに日本人選手が1人もいないという現象が起きていますし、日本代表の主力選手たちがそこそこのクラブであってもベンチまたはベンチ外なんてことが現実として起きています。

それに比べると他国の強豪国の選手たちというのは、世界でも名の知れた有名または名門クラブで優勝を争うような環境で常にサッカーをしています。

ですから優秀で異次元のプレーを見せる選手が次々と現れるのでしょうけど...

早く日本人選手もそうした環境で当たり前のようにサッカーができて、毎年度優勝を争うようなクラブでたくさんの日本人が活躍してほしいですよね。

|

« 新たに動画をアップします | トップページ | サッカーの技術技能について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新たに動画をアップします | トップページ | サッカーの技術技能について »