« 県内の中学校が関東大会優勝! #守谷市 | トップページ | サッカーを上手くさせるための準備はできた #守谷市 #常総市 #つくば市 »

2018年8月13日 (月)

派手な活動ほど運営重視になる

オンラインだけに限らず、今はどこにもサッカースクールがあり、知名度が高ければ高いほど利用者が増えていく傾向にあります。

それは利用する親御さんがサッカーを知らないことも大きな理由で、とりあえず知名度の高いスクールや指導者に任せておけば安心だろうというのがあります。

私はこの方法は決して間違っていないとは思いますが、派手であればあるほど運営資金というものが必要になり、それに合わせて広告費や指導者の人件費もかかります。

これを全て負担するのは利用する方々であり、そのためには運営する側のコストパフォーマンスなるものが重要視されます。

つまり2~3人の指導者でどれだけ多くのスクール生を回していけるか?

そうしないと採算が合わないということになります。

そうしていると肝心の育成から少しずつ遠ざかります。

これは当然ですよね。

たくさん集めるためにはどんなレベルの子でも加入ができ、それをまとめて一度に指導するわけですから、育成の基本概念から外れていくはずです。

でもこうしたサッカースクールが意外に多いです。

育成というのは、同じレベルの選手たちが競いあって、それによって相乗効果が得られる環境を指しているはずです。

逆に普及というのは、どのようなレベルにあってもサッカーを楽しく行いながらサッカーの技術などを学ぶことにあります。

なので今の日本のサッカースクールというのは、育成と名乗りつつ普及活動をしているサッカースクールが非常に多いように感じます。

スクールというのは塾とか何かを学ぶための教室なわけですから、普及というよりは育成でなければなりません。

でも完全に普及のために活動しているなら構わないですよ。

でもどちらが主なのか分からないサッカースクールというのが数多く存在していて、様々な言葉やキーワードを用いて親御さんや子供のハートを掴んでしまいます。

これもビジネスだから仕方の無いことですが、やはり私としてはどちらか一方でやってほしいというのがあります。

そうでないと大きな企業や知名度が高いスクールに全ての選手が集まってしまいます。

それによって損をするのは利用する側ですし、得をしてるのは大きな企業や知名度が高いスクールのみ。

当然、それが世の中の仕組みなわけですから仕方ないのでしょうけど...

それにしても日本のサッカースクールっていうのは、何となく地域ごとに縄張りがあって近寄りがたいですよね。

私はそんなものに負けずに細々とやっていこうと思います!

|

« 県内の中学校が関東大会優勝! #守谷市 | トップページ | サッカーを上手くさせるための準備はできた #守谷市 #常総市 #つくば市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 県内の中学校が関東大会優勝! #守谷市 | トップページ | サッカーを上手くさせるための準備はできた #守谷市 #常総市 #つくば市 »